けいじ: 2012年7月アーカイブ

CRO(インターンシップ)

薬剤師になることを目標にしている方も数多いであると思いますが、本当に職に向いている方とはどんな人なのか思慮してみたのですが、正義感がつよく、他の方の健康を大事にするという考えと使命を持っている人は向いているんではないかと思います。
医師の支えとして役割分担がある薬剤師ではありますが、薬学オンリーではないです。医学に関係する知識を習得することを忘れてはいけないのです。
人々が効果的に薬を摂取するためには、どのようなことが出来うるのか必死に考え、見分や技のスキルアップのためだけに、努力を惜しんではならない方向性が薬剤師には求められている状態だ。
はたまた、薬(クスリ)は人間のカラダにとても大きな影響を加えることがあるので、クスリの使用上の注意を誤ると、ときとして生命にかかわることを起こしてしまう事もあります。
人の体調や命にかかわるとても大事なJOBに関連している立場をわかったうえで誇りと責任を抱いて関連している自分の仕事をすることが出来る方こそ、薬剤師に適任なのではないかと思います。

このアーカイブについて

このページには、けいじ2012年7月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはけいじ: 2012年4月です。

次のアーカイブはけいじ: 2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク